再三迷惑な事をするのでtoonshader2全面使用禁止とします。
 toonshader2全面使用禁止のお知らせ

 これについてぱるたさんから、一定のご意見が提示されています。

toonshader2.cgfxの権利に関して
toonshader2.cgfxの実装の多くは konoaさん(ハンドルネームの変遷を追うことはしない)が行ったわけではない。 konoaさんの今回の配布禁止といった(実装者としての)発言は権利(あるいは権威)の面でなんら拘束力を持たない。

 自分もこの意見に同意です。いちおう著作権を学んでいる立場からの見解を以下にまとめたいと思います。
 
 toonshader2は個人で作成されたものではなく、共同での著作物の場合、権利は2つの形態を持ちます。一つは結合著作物、一つは共同著作物です。

 結合著作物とは、例えば作詞、作曲のように、それぞれが独立しても利用可能なものの合作を指します。曲に別の歌詞を乗せることも可能ですし、歌詞に別のメロディを着けることもかのうですので、それぞれは別の権利となり、各々が著作権を有します。

 toonshader2に同梱されているソースコードについては結合著作物となります。権利は、それぞれの人物が記述したソースコードのみに影響を及ぼします。
 
 一方の共同著作物ですが、これは分離して利用ができないものを指します。toonshader2は,tahのファイルそのものに関しては分離しようがないので、toonshader2.tahは共同著作にあたります
 
 共同著作物は著作権、著作者人格権の行使については共有している全員の合意が必要となります。これは法律の定めるところです。

著作権法第64条 1 共同著作物の著作者人格権は、著作者全員の合意によらなければ、行使することができない。
著作権法第65条 1 共同著作物の著作権その他共有に係る著作権(以下この条において「共有著作権」という。)については、各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、その持分を譲渡し、又は質権の目的とすることができない。

 データファイルの公開、非公開の権利は著作権における送信可能化権にあたりますので、合意を得ていない削除は権利侵害です。ライセンスの変更も同様です。
 
 次に使用禁止についてですが、著作権法には使用に関する記述はありません。よって、著作権を元に使用禁止とすることは不可能です。
 
 共同著作物の権利者が、個人で差止の請求が行えるのは著作隣接権か、不当に複製されたもののみです。ですので、ご自身が記述したソースコードに関する著作隣接権が限界です。
(実演家の権利に当たります。実演はソースコードが該当します。実行結果はまた別の共同著作となります)

 よって、合意なきtoonshader2.tahの削除は権利侵害ですし、結合著作物であるソースコードに関しては他人の著作物を勝手に削除したため明白に権利侵害です。
 
 民法90条に基づいて云々と書かれていますが、そもそも合意を得ていない不当な請求ですので効力は無いと考える次第です。

参考
コンピュータ・プログラムの著作権
プログラムの著作物に関する著作権の制限
 
 紳助さん1386周目。
 
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
 

作業内容


ポーズ
 24/50
しばらくお休み。
 
RAVAGE外伝
 口調覚えてない。ちょっと昔のデータ探そう。
 
モーぜ
 演出。
 
カスタム・サーガ(ヴァーレントゥーガ)
 表。
 
SAVAGE
 デザイン案。
 
mod
 鈴。まぁ大雑把にはこんなところかなぁ。。。
 
リプレイ
 確認作業。
 
Moz(有料mod紹介blog)
 おやすみ。
 
MHTRPG
 宿題おしまい。多分。
web拍手