なぜJASRAC寄りの内容の動画や文章を作るのですかと言いますとですね、著作権を学んだらどうしてもそっちに寄るらです。今JASRACを擁護しているように見える人も、対話している感じでは単に法的なものを見ればJASRACが正しいという人と、普段からJASRACにお世話になっていて正当な取引をされている方に分かれるように思います。JASRAC100%神と思ってる人は多分かなりの少数派です。
 
 自分の場合は、今後さらに自分の著作物を持つのが当たり前になるだろうという未来予想と、その割には自分たちの権利である著作権が理解されていない現状とを照らし合わせてこれはよろしくないと思うのでJASRAC側に立っている形になります。
 
 不勉強な人たちが著作物を持つようになるとどうなるか、と言うのはカスタム少女界隈は良く経験していますからね。規約は絶対だ、で他人の作品を取り下げようとする人。別の権力を利用して他人の作品を悪用しようとする人。偽の権利者になろうとする人。
 
 ちゃんと説明する人が出てきたとしても、やはり感情論とのすり合わせが出来るようになるまでは時間がかかります。同じような現象は別の界隈でも見られます。きちんと著作権を理解していれば避けられるトラブルはいっぱいあったはずですし、そのトラブルにかけた時間のおかげで生まれなかった作品もあるでしょう。場合によっては去っていった人もいる。不幸だとは思いませんか。……その中でも最も大きな不幸を背負っているのがJASRACです。
 
 きちんと手続きを踏まえた上で、法的な処理をしていっているにもかかわらず国内の著作権に対する理解が、他人の財産であると言う理解が及んでいないから不当な批判ばかりが集まる訳です。
 
 今後の世界を見るに、デジタルデータによる著作物は輸送コストのかからない輸出品として、しかも個人でもできる物として輸出産業の一角を占めるようになるはずです。他の国もそれが解っているから、スマホやHDDへの課金などを進めています。
 
 著作権への理解が乏しいばかりにこの競争に出遅れて、国際競争力を失えば日本はさらに貧しくなってしまいます。日本で生活している身として、著作物で飯を食っている身としてそれに巻き込まれて貧乏になるのは嫌です。
 
 一応義務教育への授業として著作権について導入されるとの話はちらほら聞きますので将来世代については期待が出来そうですが、そうなると今の世代との知識格差が出来上がりますし、いわゆる老害という存在になりかねません。そういった予想される不幸を回避するための一手としてJASRAC寄りの内容を作っています。
 
 一人では達成しえない目標です。ですが色んな方のご協力が有れば回避できる問題だと思いますし、風向きも変わってきていますからやれる取り組みだと思っています。チャンネルや動画の拡散などご協力頂けましたら幸いです。
 
再生リスト「独談:JASRAC」
 
 紳助さん1731周目。
 
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
  

作業内容


ポーズ
 24/50
しばらくお休み。
 
RAVAGE外伝
 原稿。
 
モーぜ
 コピペ。
 
カスタム・サーガ(ヴァーレントゥーガ)
 コピペ。
 
mod
 頂点。
 
リプレイ
 字幕読み上げ。
 
MHTRPG
 FAQ。
web拍手